📚Kindle出版とは📚

出版方法と、ロイヤリティ(収入)について

Kindle出版とは、AmazonのKindleというアプリでのみ読める、電子書籍出版のことです。紙の媒体は一切ないです。読者は、スマホでもPCでも、アプリをダウンロードしたら、すぐに読めます。無料で出版できて、かつ、読まれた分だけ、ロイヤリティ、印税が入ってきます。

出版に必要なものは、指定の規格で作られた電子表紙(JPGなど)とMicrosoft Word で書かれた原稿の、二点のみです。

私は今回、表紙を手作りしました。CANVAというサイトで、手持ちの写真をコラージュして、テキストを入れて表紙を作りました。

サイトはこちらです。

https://www.canva.com/

とても簡単に表紙が作れます。あとは大きさを、Amazonの指定の大きさに合わせて、拡張子をJPGなど、これも指定の拡張子に変換させます。

Amazonの、セルフ出版のサイトはこちらです。

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP

Amazonのアカウントが必要になります。また、印税を得た際の、振込先銀行口座の登録など、プラクティカルな情報を入力して登録します。

ここまで進んだら、指示に従って、カテゴリーなどを決めてから、表紙をアップロード。テキストをアップロード。最終的に、目でプレビュー(出版イメージ)を確認して、よろしければ、出版価格を決めて出版決行です。

出版価格はUSD(アメリカドル)でUSD2.99からUSD9.99の間で設定します。大体、321円から1000円くらいですね。

3割をAmazonが取り、7割が著者に印税として入ってきます。

私は321円(USD2.99)で設定しましたから、一冊あたり200円くらい入ってくる計算です。通常の紙の出版だと、1000円でも、100円だそうなので、この印税率は多い方だと思います。

あとは、Amazonの著者セントラルというサイトで著者情報を入れておきますが、これは入れなくても大丈夫です。サイトはこちら

https://author.amazon.co.jp/home

Kindleは、普通に一冊買う場合と、Kindle Unlimitedという、月間のサブスクリプションで読み放題の一部として、買う場合があります。普通に一冊買う場合は、上記の印税が入ってきます。Kindle UnlimitedはKindle基金というのがあり、そちらからインセンティブのような印税が入ってきます。詳しくはわかりませんが、読まれれば読まれただけ、ボーナスが多くなります。

晴れて出版が完了したら、毎日、会員ページのレポート、というサイトで売り上げの推移が確認できます。出版には審査があり、最大で72時間かかります。

また、紙と違っていくらでも改訂可能です。一度出版して、ここ、間違ってた!という場合は、改訂できます。アップロードし直せばいいのです。この変更も、最大で72時間かかります。

不具合があったら、ヘルプの機能から、メールで、アマゾンからサポートを受けることもできます。とても対応が早いです。

以上、自分でできるkindle出版とロイヤリティのお話でした。

質問があれば、ご連絡ください。出来る範囲でお答えしますね!