日本の食事(1)納豆 Japanese food (1) Natto

こんにちは。講師のジュノです。

今日は、日本の食事のお供、納豆について少しお話ししたいと思います。納豆とは、よく蒸した大豆を、発酵させた発酵食品です。日本では朝ご飯によく登場します。とても日本らしい食べ物のように思われていますね。

実は、納豆に近い食べ物は、アジアの色々な国で食べられていて、アフリカでは、さらに大豆ではなく様々なものを、納豆のように加工して食べているそうですよ。

さて、その納豆、日本では醤油とカラシを少し入れて食べるのが1番人気があると思いますが、そこに生卵とネギを入れるのも人気です。それだとお野菜が足りないので、トマトとシラスを加えるレシピを考案しました。少しのごま油が風味を出してくれます。

↓クックパッドのレシピはこちらです。チェックして見て下さいね。

https://cookpad.com/recipe/6788997

レシピの生い立ちは、タコスを作った時のお野菜の残りを納豆に混ぜてみたら、なかなかおいしかったので!トマトの他に、パプリカ、アボカドなどを入れてもおいしいと思います。

色とりどりで、栄養満点。今日のランチにいかがですか?

それでは、今日も素敵な1日になりますように。

心を込めて

ジュノより

Hello. I’m tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about natto, a Japanese meal companion. Natto is a fermented food made by fermenting well-steamed soybeans. It often appears in breakfast in Japan. Therefore, it seems like a very “Japanese” food.

Foods similar to natto are eaten in various countries in Asia. Moreover, there are natto-like foods in Africa, and different foods are processed like natto instead of soybeans.

In Japan, the most popular way to eat natto is to add a little soy sauce and mustard. It is also popular to add a raw egg and sliced green onions in natto. In such a case, that’s not enough vegetables, so I devised a recipe to add tomatoes and Shirasu, AKA whitebaits. A little sesame oil added gives its dish a flavor.

↓ Click here for the recipe for Cookpad. Please check it out.

https://cookpad.com/recipe/6788997

The origin of the recipe was that when I had the remains of the vegetables from making the tacos, I added them with natto. It was pretty delicious! In addition to tomatoes, I think it’s also tasty to add paprika, avocado, and so on.

The dish is colorful and nutritious. How about making one for lunch today?

I hope you have a wonderful day today.

Wholeheartedly

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。

*アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

日本語のあいさつ(1) Greetings in Japanese (1)

こんにちは!講師のジュノです。

今日は、日本語のあいさつについて、少しお話ししたいと思います。

日本人の生徒の皆さんの中には、小学校の頃に、あいさつの「アイウエオ」を覚えた方も多いのではないでしょうか?

あいさつの

「あ」は「明るく」

「い」は「色々な人に」

「う」は「嬉しい気持ちで」

「え」は「笑顔で」

「お」は「大きな声で」

毎日のあいさつと笑顔は、私にとって空気や水と同じレベルです。毎日の人間関係の潤滑油です。少しのあいさつを知っていると、繰り返し使えます。例えば、アルバイト先に行く時に必要なあいさつは意外と少ないですよ。

朝だったら、「おはようございます。」

昼だったら、「こんにちは。」

夜だったら、「こんばんは。」

仕事中に廊下ですれ違ったら

「お疲れさまです。」

仕事中にお願い事をする時は

「よろしくお願い致します。」

同僚が仕事が終わって帰るときは

「お疲れさまでした。」

自分が仕事が終わって先に帰るときは

「お先に失礼します。」

少し、詰め込みすぎたでしょうか?

配分をもう少しゆっくりして欲しい、取り上げて欲しい分野がある、など、リクエストがありましたらコメント・レターを頂けたら嬉しいです。いつでもお待ちしています。

それでは、今日も素敵な1日になりますように。

心を込めて

ジュノより

Hello! I’m tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about Japanese greetings.

As a Japanese, I think many people remember greetings “AIUEO” from elementary school.

The greetings “AIUEO”

“A” stands for “brightly.”

“I” stands for  “to various people.”

“U” stands for  “happily.”

“E” stands for  “with a smile.”

“O” stands for  “with a big, cheerful voice.”

Daily greetings and smiles are on the same level as air and water for me. They are lubricating oil for day-to-day relationships. If you know little greetings, you can use them repeatedly. For example, the number of greetings required when going to a part-time job is surprisingly small.

In the morning, “Good morning.”

At noon, “Hello.”

At night, “Good evening.”

When you pass your colleague in the corridor at work:

“Thank you for your hard work!”

When you ask for a favor at work:

“Thank you very much in advance.”

When a colleague finishes work and goes home earlier:

“Thank you again for your hard work.”

When you finish your work and go home earlier:

“I am done for today. See you tomorrow.”

Did I pack a little too much?

I would be grateful if you could send me a comment or a letter whenever you have a request, such as wanting it to be a little slower or requesting a new genre. I am always here for you.

I hope you have a wonderful day today.

Wholeheartedly,

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。

*アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

クッション言葉 (1) おかげさまです

” Cushion phrases” (1) “It’s all thanks to you.”

こんにちは、講師のジュノです。

今日は、「クッション言葉」について少しお話ししたいと思います。

私はクッション言葉が大好きです。周りとの兼ね合いを考えた言葉です。「おかげさまです。」が特に好きです。私たちは日々、様々なものを「頂いて」います。それは、能力だったり、経験だったり、時間だったり、愛情だったり、物質的なものだったりします。それに感謝の気持ちを表すために、日本では、「おかげさまです」という素敵な言葉があるのだと思います。

それを得るためには、もちろん、私たちはものすごく努力したけれど、さまざまな助けがあったからこそ、得ることができました。本当に「おかげさまです。」と言う気持ちなのだと思います。「おかげさまです。」はクッション言葉の一つです。

日本語では、「私・わたくし」は、まろやかにクッション言葉に包まれていて、それは素敵な文化だなぁ、と思っています。

京都の方々が、日本で1番クッション言葉が豊富だという評判があります。私は主に東京ベースの人間ですが、京都の文化や、大阪の「日本のラテン」と呼ばれている文化に強く関心があります。

本当に、日本について、学ぶことはまだまだたくさんあります。

いいことがたくさんある日になりますように。

たとえ、凹む(へこむ)ことがあっても、気持ちを取り直せますように。

心を込めて

ジュノより

Hello! It’s tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about “cushion phrases.”

I love cushion phrases. These are the phrases considering the balance with the surroundings. I especially like, “It’s all thanks to you.” We “get” various things every day. They can be some ability, experience, time, affection, or materials. To express our gratitude for these, I think this wonderful phrase “Okagesamadesu” (It’s all thanks to you) exists in Japan.

Of course, we made a lot of effort to get what we get, but we could get them because of all the help from the outer influence. “It’s all thanks to you.” is a cushion phrase.

In Japanese, “I or me” is mellowly wrapped in cushion phrases, and I think it’s a beautiful culture.

The people of Kyoto have a reputation for using the most cushioning phrases in Japan. I’m mainly a Tokyo-based person, but I’m very interested in the sophisticated culture of Kyoto and the culture of Osaka, which is called “Latin of Japan.”

There still is a lot to learn about Japan.

May it be a day with many goodnesses.

Even if today was not kind to you, I hope you can regain your feelings.

Wholeheartedly,

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73