日本の食事(1)納豆 Japanese food (1) Natto

こんにちは。講師のジュノです。

今日は、日本の食事のお供、納豆について少しお話ししたいと思います。納豆とは、よく蒸した大豆を、発酵させた発酵食品です。日本では朝ご飯によく登場します。とても日本らしい食べ物のように思われていますね。

実は、納豆に近い食べ物は、アジアの色々な国で食べられていて、アフリカでは、さらに大豆ではなく様々なものを、納豆のように加工して食べているそうですよ。

さて、その納豆、日本では醤油とカラシを少し入れて食べるのが1番人気があると思いますが、そこに生卵とネギを入れるのも人気です。それだとお野菜が足りないので、トマトとシラスを加えるレシピを考案しました。少しのごま油が風味を出してくれます。

↓クックパッドのレシピはこちらです。チェックして見て下さいね。

https://cookpad.com/recipe/6788997

レシピの生い立ちは、タコスを作った時のお野菜の残りを納豆に混ぜてみたら、なかなかおいしかったので!トマトの他に、パプリカ、アボカドなどを入れてもおいしいと思います。

色とりどりで、栄養満点。今日のランチにいかがですか?

それでは、今日も素敵な1日になりますように。

心を込めて

ジュノより

Hello. I’m tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about natto, a Japanese meal companion. Natto is a fermented food made by fermenting well-steamed soybeans. It often appears in breakfast in Japan. Therefore, it seems like a very “Japanese” food.

Foods similar to natto are eaten in various countries in Asia. Moreover, there are natto-like foods in Africa, and different foods are processed like natto instead of soybeans.

In Japan, the most popular way to eat natto is to add a little soy sauce and mustard. It is also popular to add a raw egg and sliced green onions in natto. In such a case, that’s not enough vegetables, so I devised a recipe to add tomatoes and Shirasu, AKA whitebaits. A little sesame oil added gives its dish a flavor.

↓ Click here for the recipe for Cookpad. Please check it out.

https://cookpad.com/recipe/6788997

The origin of the recipe was that when I had the remains of the vegetables from making the tacos, I added them with natto. It was pretty delicious! In addition to tomatoes, I think it’s also tasty to add paprika, avocado, and so on.

The dish is colorful and nutritious. How about making one for lunch today?

I hope you have a wonderful day today.

Wholeheartedly

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。

*アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

日本語のあいさつ(1) Greetings in Japanese (1)

こんにちは!講師のジュノです。

今日は、日本語のあいさつについて、少しお話ししたいと思います。

日本人の生徒の皆さんの中には、小学校の頃に、あいさつの「アイウエオ」を覚えた方も多いのではないでしょうか?

あいさつの

「あ」は「明るく」

「い」は「色々な人に」

「う」は「嬉しい気持ちで」

「え」は「笑顔で」

「お」は「大きな声で」

毎日のあいさつと笑顔は、私にとって空気や水と同じレベルです。毎日の人間関係の潤滑油です。少しのあいさつを知っていると、繰り返し使えます。例えば、アルバイト先に行く時に必要なあいさつは意外と少ないですよ。

朝だったら、「おはようございます。」

昼だったら、「こんにちは。」

夜だったら、「こんばんは。」

仕事中に廊下ですれ違ったら

「お疲れさまです。」

仕事中にお願い事をする時は

「よろしくお願い致します。」

同僚が仕事が終わって帰るときは

「お疲れさまでした。」

自分が仕事が終わって先に帰るときは

「お先に失礼します。」

少し、詰め込みすぎたでしょうか?

配分をもう少しゆっくりして欲しい、取り上げて欲しい分野がある、など、リクエストがありましたらコメント・レターを頂けたら嬉しいです。いつでもお待ちしています。

それでは、今日も素敵な1日になりますように。

心を込めて

ジュノより

Hello! I’m tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about Japanese greetings.

As a Japanese, I think many people remember greetings “AIUEO” from elementary school.

The greetings “AIUEO”

“A” stands for “brightly.”

“I” stands for  “to various people.”

“U” stands for  “happily.”

“E” stands for  “with a smile.”

“O” stands for  “with a big, cheerful voice.”

Daily greetings and smiles are on the same level as air and water for me. They are lubricating oil for day-to-day relationships. If you know little greetings, you can use them repeatedly. For example, the number of greetings required when going to a part-time job is surprisingly small.

In the morning, “Good morning.”

At noon, “Hello.”

At night, “Good evening.”

When you pass your colleague in the corridor at work:

“Thank you for your hard work!”

When you ask for a favor at work:

“Thank you very much in advance.”

When a colleague finishes work and goes home earlier:

“Thank you again for your hard work.”

When you finish your work and go home earlier:

“I am done for today. See you tomorrow.”

Did I pack a little too much?

I would be grateful if you could send me a comment or a letter whenever you have a request, such as wanting it to be a little slower or requesting a new genre. I am always here for you.

I hope you have a wonderful day today.

Wholeheartedly,

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。

*アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

クッション言葉 (1) おかげさまです

” Cushion phrases” (1) “It’s all thanks to you.”

こんにちは、講師のジュノです。

今日は、「クッション言葉」について少しお話ししたいと思います。

私はクッション言葉が大好きです。周りとの兼ね合いを考えた言葉です。「おかげさまです。」が特に好きです。私たちは日々、様々なものを「頂いて」います。それは、能力だったり、経験だったり、時間だったり、愛情だったり、物質的なものだったりします。それに感謝の気持ちを表すために、日本では、「おかげさまです」という素敵な言葉があるのだと思います。

それを得るためには、もちろん、私たちはものすごく努力したけれど、さまざまな助けがあったからこそ、得ることができました。本当に「おかげさまです。」と言う気持ちなのだと思います。「おかげさまです。」はクッション言葉の一つです。

日本語では、「私・わたくし」は、まろやかにクッション言葉に包まれていて、それは素敵な文化だなぁ、と思っています。

京都の方々が、日本で1番クッション言葉が豊富だという評判があります。私は主に東京ベースの人間ですが、京都の文化や、大阪の「日本のラテン」と呼ばれている文化に強く関心があります。

本当に、日本について、学ぶことはまだまだたくさんあります。

いいことがたくさんある日になりますように。

たとえ、凹む(へこむ)ことがあっても、気持ちを取り直せますように。

心を込めて

ジュノより

Hello! It’s tutor Juno.

Today, I would like to talk a little about “cushion phrases.”

I love cushion phrases. These are the phrases considering the balance with the surroundings. I especially like, “It’s all thanks to you.” We “get” various things every day. They can be some ability, experience, time, affection, or materials. To express our gratitude for these, I think this wonderful phrase “Okagesamadesu” (It’s all thanks to you) exists in Japan.

Of course, we made a lot of effort to get what we get, but we could get them because of all the help from the outer influence. “It’s all thanks to you.” is a cushion phrase.

In Japanese, “I or me” is mellowly wrapped in cushion phrases, and I think it’s a beautiful culture.

The people of Kyoto have a reputation for using the most cushioning phrases in Japan. I’m mainly a Tokyo-based person, but I’m very interested in the sophisticated culture of Kyoto and the culture of Osaka, which is called “Latin of Japan.”

There still is a lot to learn about Japan.

May it be a day with many goodnesses.

Even if today was not kind to you, I hope you can regain your feelings.

Wholeheartedly,

Juno

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。

*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。

*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.

*From overseas, please click on the URL below:

https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

多言語すごろくチャレンジ(1)英語・フランス語・日本語 Poetry

こんにちは。講師のジュノです。

今日は、私の新しい試みについて、少しお話ししたいと思います。

それは、多言語すごろく!ポエムチャレンジ!リレーでドン! 英語→フランス語→日本語→新しい言語→もっと新しい言語という企画です。

この企画を始めるに際して、著作権がなくて、適切な詩がないかなあ、と思っていましたが、8年前に私が書いた英語の詩を、お友達が、いつも思い出してSNSにアップしてくれていたので、私が書いた詩なら、著作権がいらないか!と思い、始めてみることにしました。

この企画では、私が英語で書いた詩を、フランス語、日本語に訳しましたので、それを読み上げることからスタートします。世界中の素敵なカフェトークの講師の皆さんからレッスンを受けて、それぞれの言葉に翻訳と、朗読の音源を頂きます。それを1週間、一生懸命練習して、講師コラムに書き、ラジオでオンエアーする、という試みです。

フランス語の絶妙なニュアンスと発音は、Berni B (ベルニ)先生にご指導を頂きました。ベルニ先生、ありがとうございました!

それでは、参ります!

Hello. I’m Tutor Juno! 

Today I would like to talk a little about my small new project.

It’s a multi-language dice game. My poetry challenge! A relay race challenge from English,  French, then to Japanese. I am moving on to new languages as time goes by.

Before starting the project, I was wondering if there was a lovely poem without worrying about copyright. But then a friend of mine always remembered the English poem I wrote eight years ago and kept reposting it on Social Networks. So if it’s a poem I wrote, I will not need any copyright! Hence I decided to start this new project.

In this project, I translated the poem I wrote in English into French and Japanese to narrate them. We will take lessons from outstanding Cafetalk teachers worldwide, ask them to translate the poem, and receive their vocal sound source. It is an attempt to practice it hard for a week; let you know about the outcomes in my tutor columns and the radio programs.

The tutor Berni B corrected and gave it some exquisite nuances and pronunciation of French. Berni B sensei! Thank you so much!

Well then, here it comes!

Good morning, the world!

Please take care of us all, tenderly and kindly

as you do every day with your warm regards.

Please give us a little bit more brave hearts

Not to be afraid of being kind to each other.

For that, we are all here to be kind to each other.

We are very ” not there yet,” so please

show us repeatedly in a gentle manner,

as we repeatedly reply with our sincere gratitude.

I thank you for this beautiful sunny morning.

In short, I think I love you and always have.

My share of one step out to you, the world!

Bonjour, le monde!

Veuillez prendre soin de nous tous, tendrement et doucement

comme vous le faites tous les jours avec votre attention chaleureuse.

Donnez-nous un peu plus de cœurs courageux

Pour ne pas avoir peur d’être gentils les uns envers les autres.

Pour cela, nous sommes tous ici pour être gentils les uns avec les autres.

Nous n’en sommes pas encore là, alors s’il vous plaît

montrez-nous à plusieurs reprises d’une manière douce,

comme nous répondons chaque fois avec une gratitude sincère.

Je vous remercie pour cette belle matinée ensoleillée.

En bref, je vous aime comme je l’ai toujours fait.

Ma part d’un pas vers vous, le monde!

おはよう、世界!

優しく、親切に、私たちを大切にしてください。

あなたが毎日、温かく見守ってくださるように。

私たちに、もう少し勇敢な心をください。

お互いに親切にすることを恐れないように。

私たちは皆、お互いに親切にするために、ここにいます。

私たちは「まだそこにいない」ので、どうぞ

繰り返し、私たちに穏やかに見せてください。

繰り返し、私たちも誠の感謝の気持ちで応えます。

この美しい晴れた朝に、感謝します。

短く言うと、私はあなたが大好きで、

ずっとそうだったのだ、と思います。

世界へ、あなたへと、私は一歩近づきます!

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。
*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。
*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.
*From overseas, please click on the URL below:
https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

英検 EIKEN カレーを作ろう! Let’s make some curry!

こんにちは。講師(こうし)のジュノです。

今日は、私が考案(こうあん)したリーディング対策(たいさく)の一環(いっかん)としてのゲームについて、少しお話ししたいと思います。

カレーを作ろう!というゲームです。ゲーム感覚(かんかく)で楽しくリーディング対策が身につきます。

まず、カレーを作るには、何がいるかな?お肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、それからカレー粉などですね。どのお店に行けば売っているかな?お買い物リストを作ってみよう!最後にカレーが作れたら、正解だよー。というゲームです。

こちらのゲーム、簡単(かんたん)にわかりやすく指導(しどう)するのに悩んでいた、私の苦肉の策(くにくのさく)だったのですが、生徒さんたちに、なかなか好評です。楽しみながら、正解に導かれますので、長文読解(ちょうぶんどっかい)で悩んでいた生徒さんたちも、点数が上がり、そうすると、もっと問題を解きたくなって、さらに点数が上がる。いい循環(じゅんかん)が起きているようです♪

私は、こちらのゲームを次のレッスンで指導しています。

学生の皆さん♪楽しい英検対策(3級〜2級)

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=413906&lang=ja

私の、英検対策では、こちらのリーディング対策、カレーを作ろうゲームの他に、ハンバーガーを作ろうゲームで、ライティングを指導しています。これらのゲームはリスニングにもスピーキングにも効果的です。これらのゲームは指導を重ねて生まれてきましたので、皆さまにレッスンでお伝えできることを、楽しみにしています。

次回は、ライティング対策としての、ハンバーガーを作ろうゲームについて、お話ししたいと思います。

いつも、私のレッスンにご関心を持って頂いて、ありがとうございます。

英検のお勉強、ますます楽しんでくださいね!

ジュノより

Hello. I’m Juno.

Today, I would like to talk a little about a game I made as a part of the reading tactics.

With this game, “Let’s make some curry!” you can enjoy solving the reading questions in English while playing the game.

First of all, what do you need to make some curry? Usually, some meat, potatoes, carrots, onions, and curry powder. Next, which stores should you go to to get them? Then, let’s make a shopping list! Finally, if you can make dishes of curry at the end, you’ll get the points. 

I was having difficulty teaching in a simple and easy-to-understand way before coming up with this game. Now, however,  it is pretty popular with my students. Even students who were having trouble reading long sentences now get higher scores. They will be guided to the correct answers while having fun, and then they would want to solve more problems and reach even higher scores. There is excellent circulation, it seems.

I will teach this game in the following lesson of mine:

Eiken preparation (3rd, pre-2nd, and 2nd grade) 

In my Eiken preparation lessons, I teach writing with the hamburger-making game, in addition to this curry-making game, as a tactic for reading. These games are suitable for both listening and speaking as well. After many hours of teaching, I came up with the ideas, so I’m looking forward to sharing them in my lessons.

Next time, I would like to talk about the hamburger-making game as a tactic for writing.

I am always grateful for your interest in my lessons.

Please enjoy studying Eiken more and more!

Sincerely,

Juno.Tokyo

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。
*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。
*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.
*From overseas, please click on the URL below:
https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

日本の言葉と文化を学ぶ Learning Japanese language and culture

こんにちは。講師のジュノです。

今日は、電子書籍出版と、私の出版物について、少しお話ししたいと思います。

最近では個人が簡単に、電子書籍出版できるようになりましたね。そしてプラットフォームが充実していますね。このように、ちゃんとアウトプットの機会がたくさんある世の中になったことは、良いことだと思っています。

私の趣味は電子書籍出版で、日本の季節のイベントについて出版しています。

「暮らしの歳時記 東京の1年間」というタイトルです。

1月から12月まで、四季の行事をベースに、旅するようにディテールを物語ります。日本の美しい植物と、美味しい食べ物、楽しいお祭りごとで奏でる東京の1年間です。

こちらは英語訳も出版し始めています。その次はフランス語訳を目指しています。

日本語や日本の文化を勉強中の生徒の皆さんにとって、楽しい読み物になると嬉しいです。

ジュノより

Hello everyone! Tutor Juno here!

Today, I would like to talk about e-book publishing and my books.

Recently, it has become easier for individuals to publish e-books. Many platforms are pretty fulfilling. It’s good to be in a world where there are many opportunities for outputting.

My hobbies include publishing e-books. I am delighted to tell you that I have published a book about seasonal events in Japan. The title of the book is “ 暮らしの歳時記 東京の1年間” also known as  “Tokyo 366”.

( ↓ Click here for the Japanese version.)

From January to December, based on the events of the four seasons, the details are told as if you were traveling Tokyo. So it’s a year in Tokyo where you can indulge yourselves with beautiful Japanese plants, delicious food, and fun festivals.

The mini English version of the book is also available. After I complete the English version, I am aiming for a French version.

(↓ Click here for the English version.)

I hope you will find them fun to read while studying the Japanese language and culture.

Thank you, 

Juno.Tokyo

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。
*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。
*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.
*From overseas, please click on the URL below:
https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

Living in diversity みんなちがって、みんないい

こんにちは!講師のジュノです。今日は日本の詩をご紹介したいと思います。金子みすゞさんという詩人の方が100年近く前に残した有名な詩です。

『私と小鳥と鈴と』

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、

地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、

きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のように、

たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

     詩人:金子みすゞ

なんだか、温かく胸に残りますね。「みんなちがって、みんないい。」多様性を生きる私たちにとって、大切にしたい言葉ではないでしょうか。

実は!私は3カ国語を話すことがコンプレックスでした。「結局、3つとも完璧には話せないじゃん!」とか思っていました。また、海外経験が長かったことも、普通の人と比べて、経験が違いすぎて、私は、多くは共感は求められないんじゃないかな、とか思っていました。

最近、こんな考えを覆す素敵な出会いがあり「いやいや、私に多少なりとも、できることがあるならさ、提供すればいいだけのことよ。」と思えるようになりました。感謝しています。

そして私は、新しいレッスンのご提供にたどり着きました。

↓ジャジャーン、こちらです!

Even more Japanese and English for you?

おかわり!日本語・英語レッスン(日常会話・ビジネス)

日本語と英語を同時に学んでしまおう!という、なんとも内容の濃いレッスンです。こちらのレッスンでは下記を学べます。

❤︎日本語

❤︎英語

❤︎日常会話

❤︎ビジネス会話

会話中心のレッスンですが、ご要望により、読み書きも加えますので、とても包括的なレッスンになっています。

お気に入りになると嬉しいです。

レッスンでお会いしましょう!

ジュノより。

Hello! I’m Juno, your tutor candidate.

I want to introduce a Japanese poem.

It is written by a poet named Misuzu Kaneko.

She is a famous Japanese poet.

She left this lovely piece of poetry to us nearly 100 years ago.

“Me and the little bird and the bell.”

Even if I open my hands

I can’t fly in the sky at all,

The little bird that can fly, 

It can’t run fast on the ground like me.

Even if I shake my body

It doesn’t make a beautiful sound,

Like that ringing bell. 

But it doesn’t know a lot of songs like me.

The bell, the little bird, and me,

Everyone is different; everyone is good.

Poet: Misuzu Kaneko

Somehow, it remains warm and memorable; “Everyone is different, everyone is good.” Isn’t it a phrase that we want to cherish for living in diversity?

I had an inferiority complex to speak three languages. So I thought to myself, “In the end, I can’t handle all three perfectly!” Also, because I had a long experience living abroad, my experiences were too different from that of “normal”  people in my country. Therefore, I thought that many people would not be empathetic to me.

Recently, I had an incredible encounter and started to think, “Actually, if there is something I can do, I’ll just have to offer it to the world.” So, I am very appreciative to come to this conclusion.

And I arrived at offering a new lesson.

↓ Here you go!

Even more Japanese and English for you?

おかわり!日本語・英語レッスン(日常会話・ビジネス)

Let’s learn Japanese and English at the same time! It’s a very dense lesson. For example, you can learn the following in this lesson.

❤︎ Japanese

❤︎ English

❤︎ Everyday conversation

❤︎ Business conversation

Although it is a conversation-oriented lesson, it is a very comprehensive lesson as I add reading and writing to our lesson upon your request.

I hope it will be one of your favorite lessons.

Hope to see you in the lesson!

Sincerely,

Juno.Tokyo(ジュノ)

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。
*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。
*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.
*From overseas, please click on the URL below:
https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73

応援しています Cheering you up, that’s all

こんにちは。講師のジュノです。

今日は、私が大切にしている気持ちの一つについて、少しお話ししたいと思います。

それは、応援(おうえん)することです。私は、ご縁があった全ての人を応援します。多分、私が苦しかった時に応援してもらって、嬉しかったからだと思います。

私たちは、時として応援が必要です。どんな時でしょうか。煮詰まっている時や、滞り(とどこおり)がある時ではないでしょうか。悲しい時、苦しい時も、そばにいてくれる家族や友がいると、心強いですね。

今回は、煮詰まっている時、滞りがある時に効果(こうか)があると思われる方法をいくつかご紹介したいと思います。私からあなたへのの応援歌(おうえんか)です。

1番目に、風通しをよくすることが、大事と思われます。窓は2つあると風が通りますね。そこに、もう1つの窓があると、より良く風が循環(じゅんかん)します。この、3つ目の窓に意識的(いしきてき)になって見るのはいかがですか。おそらく、心にゆとりが持てますよ。

2番目に、現状の捉え方(とらえかた)を変えてみることです。私たちの時間は、おそらく混沌(こんとん)から秩序(ちつじょ)、再び混ぜることーリミックス、を循環することを知ると、気持ちが、スーッと楽になります。

最初は、ぐじゃぐじゃと、混沌としていますね。それを一度色分けします。それをさらに混ぜる。少し、混沌として、また色分けする。この繰り返しを、螺旋階段(らせんかいだん)を行ったり来たりするような感じが、人生の基盤(きばん)のような気がします。その捉え方で世界を見ることを知っているか、知らないかで、何かが大きく違うような気がします。

3番目に、煮詰まっている時は口調(くちょう)が荒々しくなったり、投げやりになったりするので、あえて語りかける口調を心掛け(こころがけ)てみるのはいかがでしょうか。相手に親しみを持ってもらいやすいですよ。親しみとは、素敵なことだと、私は思っています。

本当は、そばに行って肩を撫でて差し上げたいけれど、できないので、せめてオンラインでお話しできたらと思います。いつも気持ちはそばにいます。

あなたの風通しが、ますます良くなりますように。

ジュノより

Hi. It’s me again, Juno.

Today, I would like to talk a little about one of the feelings I cherish.

That is, to cheer up the others. I cheer everyone I have encountered.

I think it is because I remember how pleased I was to get cheers when I was having a hard time.

We sometimes need cheers. When then? Isn’t it when things boiled down or when you feel stagnation?
Also, it’s encouraging to have family and friends be with you whenever you’re sad or in pain.

This time, I would like to introduce some methods that seem to be effective when things boiled down or stagnated. So the following is a cheering song from me to you.

First, it seems essential to have good ventilation. If there are two windows, the wind will pass through. If there is another window there, the breeze will circulate better. Why don’t you look for this third window consciously? Then, perhaps you can relax even more.

Secondly, I recommend changing the way you perceive the current situation. For example, it perhaps makes you feel better to know that our time probably circulates from a chaotic stage to an order stage, then a remix stage.

At first, everything is messy and chaotic. Next, you put it in order. After that, you mix it further. Finally, you are making it a little cluttered again and putting it in order again. The feeling of going back and forth between spiral staircases is like the foundation of life. I feel that something is very different depending on whether you see the world this way or not.

Thirdly, when things are stuck, the tone of your voice becomes rough or throwing away, so why not try to speak gently? In this way, it’s easy to get other people to feel familiar with you. Familiarity, I think, is lovely.

I wish I could go by and stroke your shoulders, but I can’t. So I’d like to talk to you online at the very least. My feelings are always by your side.

May your airflow get better and better.

Sincerely,

Juno.Tokyo

追記:お悩み相談のレッスンを開講しました。
PS: I opened my new lesson, so I can precisely cheer you up!
https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=430731&lang=ja

*こちらはstand.fmで音声配信されています。アプリでも、WEB上で聴けます。
*特に海外からのアクセスはURLをクリックしてください。
*You can hear this script on stand.fm app, or on the Internet.
*From overseas, please click on the URL below:
https://stand.fm/channels/60900ff726f6f56b24987a73